知って得するお魚情報

知って得するお魚豆知識
あじエサや潮の流れ、住む場所、漁獲時季などによって味が異なる。
"EPA(エイコサペンタエン酸 )やDHA(ドコサヘキサエン酸 )、" 旨み成分(グルタミン酸・イノシン酸)などが多く含まれているEPAは動脈硬化予防に、DHAは脳細胞の活性化に効果的と言われています。
かます旬が長いのが特徴で、産卵期の前後を除けば常に味が良い。
不飽和脂肪酸のオレイン酸を多く含み、腸のLDL(悪玉)を下げる効果がある。腸の調子を整えてくれるので、胃の環境の保護、便秘の解消にもつながり、女性には嬉しい肌の健康維持にも効果的です。
えぼ鯛干物の材料では高級魚として扱われ、鮮魚ではやや高値で取引されることもしばしば。体表からネバネバした液体を多く分泌するため、英名では「バターフィッシュ」と呼ばれます。その他、地方名では「シズ」や「アメタ」とも呼ばれます。魚類の中では最もたんぱく質が少なく、 血中コレステロールを下げるオレイン酸も含んでいます。ビタミン類では免疫力を高めるビタミンA(レチノール)が豊富です。
真イワシイワシ類は大衆魚として古くから日本人に親しまれてきましたが、近年は漁獲量が年々減少しています。
良質のアミノ酸、たんぱく質も豊富ですが、注目すべきは良質の脂肪酸です。動脈硬化を防ぎ、血液中の中性脂肪や悪玉コレステロールを減らすEPAとDHAを多く含んでいます。
またカルシウム、リン、マグネシウムも豊富。
成長期の子供、中高年の方におすすめの食材です。
潤目いわしウルメイワシはイワシ類の中では最も脂肪分が少なく、干しても脂焼けしにくいため、干物などの加工に最適とされています。
傷みが早いので、鮮魚での流通は少ないです。血栓症や動脈硬化などの予防に効果的なDHAやEPA、タウリンをたっぷり含んでいます。
また、カルシウムやビタミンD、B2も豊富に含まれているので、骨や歯の強化、皮膚や髪を健康、眼精疲労の回復等々多くの効果が期待できます。
片口いわし日本で最も漁獲量の多い魚で、シラスやちりめんの原料となっているのがこのカタクチイワシの稚魚です。
DHA・EPAを豊富に含む青ざかなで、カルシウムや鉄分、カリウム、亜鉛なども豊富。ビタミンでは、A、B1、Dが豊富です。
栄養価は高いが、コレステロールも多いので、 尿酸値の高い方は食べすぎには注意が必要です。

ページトップへ